個別指導塾の講師の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> お仕事大図鑑 >> 教育・コンサル・士業 >> 個別指導塾の講師の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

個別指導塾の講師の主な仕事内容

小学生から高校生までの学生に対して、成績向上及び志望校への合格のための指導をしました。
小学生に対しては算数と国語、中学生は国語、数学、英語、理科、社会が指導教科でした。
また、高校生は5教科に加えて化学や政治、経済などの指導教科もありました。
基本的には学習の指導と定着、成績の向上を経て志望校へ合格させることが最も重要です。
しかし、学習の仕方や学習をするうえでの目標の設定など学生が塾を卒業しても、1人で学習を進めることができるよう指導することも業務に含まれていました。
他には、生徒を募集するための地域へのチラシ配りやティッシュ配りなどのポスティング業務がありました。
これは、塾のある地域を自転車や車で回り、入会キャンペーンなどのチラシを各家庭のポストに入れたり下校時間の生徒にティッシュを配ったりしました。
最後に、生徒への指導力を向上させることを目的として各地域にある塾が集まり合同で会議をすることもありました。

個別指導塾の講師ならではのやりがい

何といっても生徒の成長を間近で感じられることが一番のやりがいでした。
学習面では、頑張って指導したぶんだけその結果が生徒のテストの点数などにあらわれます。
最初は点数に伸び悩んでいた生徒が努力の結果成績を伸ばし、志望校への合格ができたときは非常に大きなやりがいを感じました。
また、生活面で生徒の成長してくれたときもこの仕事を経験できて良かったと思える瞬間でした。
生徒の中には、ご家庭で学習の習慣がつかず学習の定着を期待して入塾される生徒もいます。
しかし、塾に入ったからといってすぐに勉強をする習慣がつくわけではなく、ときには席から離れて遊びだす生徒もいました。
最初はうまくいきませんが、少しでも席について勉強と向き合うことを辛抱強く指導することで改善し、
1人でも学習を進められるようになったときは感動しました。

個別指導塾の講師のマイナスポイント

指導する教科によっては新たに自分で学習する必要があり、業務時間外でも時間を必要とすることがマイナスポイントです。
教科の指導内容はその年により変わることがあります。
また、それによって使用する参考書も改訂されそれに合わせた指導が求められます。
指導内容が拡大したときは、自分で勉強して生徒に教えられるだけの知識をつけておかなければなりません。
塾内では教科ごとの指導内容については共有されますが勉強だけは自分でしなければならないので、
塾でアルバイトをしなければ不必要な勉強を業務外でしなければならないことはマイナス面です。
この点は、学校の先生などになった場合も業務外での仕事があるのである意味では良い経験となるかもしれません。

個別指導塾の講師の仕事に活かせる経験・スキル・資格

漢字や数学、英語の検定をもっていれば仕事に十分活かすことができます。
特定の教科だけの資格のみでも問題ありません。
ある教科に長けた先生になれればその塾で重宝されることは間違いありません。
教科は得意教科が多ければ多いほど指導できる強化が増えるので良いです。

個別指導塾の講師の仕事に向いている人・向かない人

生徒に勉強を教えることが業務あるので、勉強が嫌いな人には向きません。
勉強を教えるにあたり、勉強が好きな人は自分なりの勉強方法を持っている場合が多いです。
その勉強方法を生徒への指導にも活かして、成績を向上させるために努める必要があります。
また、コミュニケーション能力が苦手な人はあまり向いていません。
勉強以前に、生徒とのコミュニケーションがうまくいかずに勉強する姿勢がつくれないことがあります。
生徒1人1人に合わせて、生徒が安心して勉強に取り組めるようなコミュニケーション能力が大切です。
子供が好きだったり、勉強が好きな人、先生を目指している人には向いています。
特に先生を目指している人にとっては、将来行う業務と類似の業務を行うのでとても役立つかと思います。

個別指導塾の講師のキャリアパスとは?

アルバイトからのキャリアパスは、正社員登用への道があります。
正社員となりアルバイトと同様な業務を行っている方もいます。
正社員でキャリアを積めば、その塾の塾長や地域担当のエリアマネージャになる道もあります。
まずはアルバイトと同様の業務を行って、次第に教室の運営や地域にある塾の管理などへ業務の内容がうつるといったイメージです。
塾長は自分の教室運営を行うことが最も大切な業務です。
ただ、塾の状況により生徒への学習や生活指導を行うこともあります。
エリアマネージャはその地域にある塾をまとめて管理するような業務になります。
エリアマネージャとなると教室の運営関係の業務が多くなるため、生徒と直接接する機会は大幅に減ります。
アルバイトの経験なしでこの業界に入る方もいれば、アルバイトの経験を活かして入ってくる方もいます。

個別指導塾の講師業界の最近の動向

少子高齢化に伴い、入塾する生徒数が減ったため新規塾生の確保はとても重要です。
ただ、子供の将来のため入塾させる家庭は一定数あるため確かな需要があります。
学習指導要領の改訂に伴い、今まではなかったプログラミングやし小学校の英語の授業など取り組むべきことが増えています。
それぞれの学校ではもちろんこれらの変化に対応しますが、学習塾も同様に対応する必要があります。
英語に関しては、中学校や高校では教科に含まれているので大きな変化はないと考えられます。
しかし、プログラミングは専門性が高いため学習塾単体では取り扱えない懸念もあります。
そのため、例えばIT関係の塾と学習塾が連携して指導するなど新しい取り組みが必要です。
これらの学習指導要領の変化にそれぞれの塾がどう対応するかにより、塾同士の競争力格差が広がるかもしれません。
アルバイトの方にとっては、自身が学校で学んだこと以外に新たに学ぶべきことが増えることが予想されます。
学習塾にとっても、アルバイトの方にとっても変化していく中での対応力が求めらると思います。

個別指導塾の講師を未経験で目指すには?

塾講師は負担も大きいですが、生徒の成長という大きなやりがいを感じられる仕事です。
また、将来的に教育関係を目指している方にとっては優れた環境であると思います。
目指そうと思っているならば、自分が勉強が好きか、教えられる勉強方法はあるかなどを一度考えてみて下さい。
勉強関連で悩み、解決した経験があればそれを活かせる環境があります。
小学校時代から入塾して高校までその塾で過ごすような生徒もいます。
子供のころの成長は大人よりも早いので、確かな成長を実感できます。
生徒の成長と同時に、自身の成長も感じられる職場です。
勉強自体は時間があれば、応募してからでもカバーできます。
まずは少しでも興味があれば応募して面談してみて下さい。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp