IT技術者の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> お仕事大図鑑 >> IT/クリエイティブ >> IT技術者の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

IT技術者の主な仕事内容

IT技術者といっても、人によって様々な仕事内容があります。
私の場合は大手企業からの受託で、そこのシステム運用という仕事をしていました。

大手企業のシステムは、IT企業の技術者へ業務委託という形でシステム運用をする形がほとんどです。
私がいた企業も大手企業からの業務委託を受けることがメインでした。

私の場合はそこの企業に常駐をしてシステム運用をしていたのですが、所属部署では様々なデータのインプットとアウトプットをしていました。

取引先の企業から送られてきたデータをシステムに読み込ませたり、逆にシステムから出力されたデータを取引先に送ったりという業務でした。
取引先の企業からデータが期日までに到着していない場合や、データに問題があった場合などは取引先の企業に直接問い合わせをしたり、取引先の企業でデータについて困ったことがあれば、対応方法を教えるヘルプデスク的な業務も合わせて行っていました。

IT技術者ならではのやりがい

大手企業に常駐して働くことになるので、「大手企業で働いている」という意識だけでも、やりがいを感じることができました。

大手企業の管理職の人と会議や打合せをすることになるので、自分も大手企業の一員としての自覚が芽生え、それが誇りになっていました。

システム運用の業務を行う上で、様々な技術や知識を身に付けることができるのもやりがいの一つです。

あと、IT技術者は様々な技術や知識が必要となりますが、逆に技術や知識が身につけば身につくほど、収入が上がりますし、出世もしていきます。
年功序列で勤続年数に応じて出世や収入upするわけではなく、自分の実績が出世や収入upに直結する点にも、やりがいを感じていました。

大手企業で働くことができ、スキルアップができ、そのスキルで実績を作り上げ、それが評価につながる。
これが一番のやりがいでした。

IT技術者のマイナスポイント

システム運用の仕事をしていると、休みが不規則になりがちというのがマイナス面でした。

システムは24時間365日稼働しているので、毎日24時間誰かしらいなければいけませんでした。
そのため勤務がシフト制で、夜勤もあったことがマイナス面だと感じました。

一応休日数はカレンダーの土日祝日の数と同じということになっていたのですが、ゴールデンウイークなど祝日が多い月は、休日出勤扱いで休みの数が少なくなるなどもありました。

もう一つのマイナス面としては、技術や知識を身につけなければ収入が上がらず、出世もしないという点です。
努力をしなければ取り残されてしまい、後輩にも抜かされてしまうため、仕事中だけでなく休みの日なども勉強を必要とする点がマイナス面だと感じました。

IT技術者の仕事に活かせる経験・スキル・資格

IT技術者が必要な資格はとてもたくさんあり、企業が独自で発行している資格も数多くあるのが特徴です。

システム運用の仕事で役に立つ資格の中でも、国家資格限定で挙げるならば、「基本情報技術者」が一番オーソドックスな資格であり、仕事に行かせると思います。

IT技術者の仕事に向いている人・向かない人

IT技術者に向いている人は、とにかく仕事が好きで、勉強が好きな人です。
IT技術者は残業が多いだけでなく、家に帰ってからも勉強をしなければならないことが多いため、仕事に関わっている時間がとても長いです。

逆にその分より多くの経験を積めば、それに見合った収入が得られるというのが魅力でもあります。

この仕事に向かない人は、仕事とプライベートを完全に切り離したい派の人や、プライベートを充実させたい人だと思います。
休みが不規則で仕事時間も長いIT技術者は、プライベートの時間を多く取ることができず、趣味などに充てる時間が取れないこともあります。
さらに勉強が嫌いな人や、パソコンが嫌いな人もこの仕事に向かないと思います。

IT技術者のキャリアパスとは?

企業によって違うのですが、まずは基本的な知識を身に付けるためシステム運用の仕事を任されることが多いです。

システム運用の仕事をすることで、基本的な知識を学ぶと同時に、ある程度の技術と経験を身に付けることができます。
そして、そこから人によってシステム運用の仕事で管理職として出世をしていくか、開発や設計など、より知識や技術が必要な仕事をしていくかに分かれていきます。

システム運用の管理職として出世していく人は部下を持ち、リーダーシップを発揮して、そこからさらに出世していくパターンになります。
開発や設計などの仕事をする場合には、より多くの経験を積み、技術を身に付け、より大きな案件をこなしていくことで出世をしていくケースが多いです。

IT技術者業界の最近の動向

現在IT業界では慢性的な人手不足に悩まされており、とにかく人手が足りていません。

システムなどは、中国やインドなど、海外に発注をかけるケースが多くなってきましたが、重要なシステムの開発や構築、システム運用の分野では、国内で行うことが多いです。

まず重要なシステムの開発や構築は海外に発注をかけてしまうと、こちらの意図が思うように伝わらず、トラブルが発生した時も、対応してもらうことが難しくなります。

国内の企業ならば意思疎通がしやすく、問題が発生した際も問題の解決に向けて迅速に対応することが可能です。
さらにシステム運用の分野では、日本国内でシステムを稼働させている企業がとても多いので、特に人手が不足しています。

近年では情報セキュリティの問題が深刻な課題となっており、システムも「海外よりも日本国内で」という企業がとても多くなってきました。
今後もその流れになっていくと思うので、IT技術者はさらに不足することが考えられます。

最近ではIT企業に仕事の依頼は多いけれども、仕事ができるだけの技術者が足りないから、仕事を断っているという企業も多いようです。

IT技術者を未経験で目指すには?

IT技術者として働く人は未経験の人が多く、いままでパソコンを使えなかったという人でも、IT企業に入社してくるケースが多いです。

IT技術者は大変なイメージを持っている人も多いですが、慣れてくれば楽しく、やりがいもある仕事だと思います。
もちろん頑張り次第では、同世代の中でも収入が多くなることもあるので、とにかく仕事を頑張ってお金を稼ぎたいという人にはおすすめです。

IT技術者は慢性的な人手不足なので、未経験でも採用されやすいのもおすすめの一つです。

技術や知識が必要な業種なので、未経験では不安だという人も多いでしょうが、技術や知識は入社してから身に付ければ十分だと私は思います。

やる気だけをもって未経験でも安心してこの仕事を目指してください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp