パチンコ屋ホールスタッフの仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> お仕事大図鑑 >> レジャー・イベント・エンタメ >> パチンコ屋ホールスタッフの仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

パチンコ屋ホールスタッフの主な仕事内容

私が働いていたパチンコ屋ホールスタッフの仕事内容は基本的に、お客様対応、ホール巡回、他店舗への統計調査でした。

お客様対応は、お客様がお困りの際に店員呼び出しランプを押してもらいインカムで店員同士連携をとって対応していました。
インカムを使うことで、お客様対応中の店員がいるときは手が空いている店員がフォローする形でした。

ホール巡回はお客様が、パチンコ台やスロット台に対してゴト行為や台を殴るなどの行為、メダルやパチンコ玉の持ち出しなどを抑制する為に行っていました。

他店舗への統計調査は、近隣のパチンコ店を3.4店舗周り各店舗ごとの男女比、各スロット台、パチンコ台の稼働人数を用意されたipad.携帯のテンプレートに打ち込んでいく作業でした。

また新台入れ替えの日には新台の配置場所と配置台数確認後あらかじめipadに入力されている台の配置順、台数の変更などを行っていました。

各店舗ごとに総台数が違い、少ない店舗で約800台
多い店舗で1600台近くあり新台入れ替えのときは大変でした。

パチンコ屋ホールスタッフならではのやりがい

私が働いていてやりがいを感じたことは、お客様との対話とお客様に頼られているなと思うときでした。
パチンコ屋で働いていると、店員に対して凄い失礼な態度のお客様や逆に親切なお客様本当に様々なお客様が来店されます。

常連様との対話で初めのうちはお客様対応後「ありがとうな」などの声をかけられるのですが、お互いに顔も覚えて何度も対応しているうちに、逆にお客様の方から声を掛けてもらえるようになりました。
「最近元気か?」「よう頑張ってんな兄ちゃん」「最近調子悪くてあんま勝てへんねん」など対話が生まれます。 
お客様も私も話し終えた後には笑顔になり気持ちいいものでそこに私はやりがいを感じました。
またご高齢のお客様で台の説明を一度行ったお客様が新しい台を打つたびに私の方に毎回聞きに来てくれていたので、頼りにされているというところにやりがいを感じました。

パチンコ屋ホールスタッフのマイナスポイント

働いているときのマイナス面としては2つあります。

まず一つ目ですが現在はどの店舗も基本的に全面禁煙なのですが、私が働いていた当時は基本的に全席喫煙可でした。
なのでどうしても制服や髪の毛に仕事終わり匂いがついてしまうことがありました。
そこが1つ目のマイナス面です。

2つ目のマイナス面としては平日に比べて祝日はどうしても来客人数が増えるので忙しくなります。

忙しくなるとお客様対応が間に合わずお客様をお待たせしてしまうことがあります。
仕方がないことなので、お待たせした際には必ず「お待たせしました。どうされましたか?」とお声掛けをしてからお客様対応に入るのですが基本的にはスムーズに対応は終わります。
ただ負けがこんでイライラされてるお客様に当たられることもあります。
そこが2つ目のマイナス面です。

パチンコ屋ホールスタッフの仕事に活かせる経験・スキル・資格

基本的に必要な資格や経験はないんですが、客商売なので飲食店での接客対応などがあれば仕事に活きてくると思います。どんなお客様に対しても対応できると強いです。
接客の仕事が未経験でも大丈夫だとは思いました。

パチンコ屋ホールスタッフの仕事に向いている人・向かない人

この仕事に向いている人はお客様との会話が好きで楽しめる人、笑顔で丁寧に対応できる人、パチンコやスロットが好きで興味がある人、お客様を笑顔にすることにやりがいを感じる人などはとてもこの仕事に向いていると思います。

逆にこの仕事が向いてない人は、様々なお客様が来店されるので店が忙しくお客様を待たせてしまった時に理不尽に切れられたりすることもあります。
そのときにぐっと堪えて笑顔で対応できない人、言い返してしまう人などは向いていないと思います。

また接客仕事なので礼儀作法や言葉遣い、立ち居振る舞いなどを求められます。そういう基本的なことができない人やどうでもいいと思うは人はこの仕事に向いてないと思います。

パチンコ屋ホールスタッフのキャリアパスとは?

私はアルバイトとして2年ほど働いていただけなので、あまり詳しいことは分からないんですが
同じ時期に入社してアルバイトとして働いていた人はその後社員になりました。

その方から聞いた話では社員になるために本社で研修を行い面談、接客テストを行うという話でした。

出世や成長ルートとしては社員→副主任→主任→店長→エリアマネージャーの順で出世していきます。

いい意味で目立つ人が出世していきます。
例えば笑顔対応が素敵な人、お客様にお店の会員カードを作ってもらうのですが会員様獲得が多い人、インカムでの指示が的確な人、部下の人全員にたいして円滑にコミュニケーションをとり、チームとしてまとめあげる力がある人など評価基準は様々でした。

パチンコ屋ホールスタッフ業界の最近の動向

業界の最近の傾向としてはコロナ対策でお客様が台を立たれた時に台の清掃、それとは関係なしに定期的に台の清掃、マスクをせずに来店されたお客様に対しての声掛けやマスク提供などを行っています。

また最近では法律が変わり出玉の規制が入りました。
今まではスロットでは一当たりで10000枚、パチンコでは一当たり2500発などまたはそれ異常出玉は出ていたのですが、これが規制後はスロットでは最大は一当たり2500枚まで、バチンコでは最大一当たり1800発などだいぶ強い規制になりました。

今までは大量出玉で勝てるときには沢山勝てていた人達も規制後からは出玉もでないし、規制前に比べて楽しくない勝てないと言われて辞めていったお客様も沢山いると思います。
またコロナ下というのもありやはりお客様の客足も遠のいていってるんではないかと思います。

どうなるかは分かりませんがコロナが納まった先の将来もしカジノ法案が通りカジノが実際にできることになるとカジノのほうにある程度流れていくのではないかなと思います。

好きな人は好きだし需要もあるので、パチンコ屋は地域密着型のお店から潰れていき最終的には大手パチンコ屋が残っていくのではないかと思います。

パチンコ屋ホールスタッフを未経験で目指すには?

基本的にみなさん未経験から入られるので基本的な言葉遣いなどお客様に対して失礼がないように対応すれば何も問題ないです。
またある程度のマニュアルもありしっかりと教えてくれるので、2.3ヶ月もすれば出来る様になります。
自分の個性も会話の中で出せるので徐々に楽しくなっていくと思います。
時給も高いしシフトの融通も効くのでやりたいことがある人、学生さんや主婦のかたなどアルバイトとして入るにはとてもいいと思います。
また社員として入る方も他の業界の仕事にくらべ給料もいいので、とてもオススメだと思います。
これから社員として入る方はつらいことも多少あるでしょうがやりがいもあるので頑張って下さい。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp