テーマパークのスタッフの仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> お仕事大図鑑 >> レジャー・イベント・エンタメ >> テーマパークのスタッフの仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

テーマパークのスタッフの主な仕事内容

私の仕事はお客様と会話をする接客業でした。

テーマパークにはアトラクションやレストラン、ショップなどたくさんの施設がありますが、私はショーを行っている施設を担当していてその施設に来たお客様の誘導、案内をするのが主な仕事でした。

ショーに関する注意事項などを説明したり、公演時間を案内していましたが、テーマパークに関することは大体対応していたと思います。
テーマパークは広く、初めて来るお客様はわからないことだらけですし、1日に100回はトイレの場所を聞かれて教えてるのではないかという感じでした。

ショーが始まると、ショー中にお客様に移動をされると、出演者と接触してしまう恐れがあり危険なので、監視していました。
移動しないでとお願いしていても、お子様が急にトイレに行きたいという事態はよくあることでして、そういう対応もしていました。

また、ショー終了後速やかに退出できるように通路確保などもしました。
10人ほどのスタッフで600人ほどを管理しているような感じでした。

テーマパークのスタッフならではのやりがい

接客業ですので、お客様との対応で喜んでくれると私も嬉しくなり、やりがいを感じることはありました。

しかし、私がこの仕事で一番やりがいを感じていたのは、スタッフ同士協力してやり遂げることでした。

1日5回ほど行っていた公演を安全に、いかに多くの方に楽しんでもらえるかが、私たちにかかっていたと思います。
公演が始まる前からたくさんのお客様が席に座るのですが、自由席なのでだんだんと席が減っていきます。
どの席がまだ空いているかを把握しスタッフ同士共有しながら、案内していくのが毎公演始まる前の私たちの仕事です。
これがおろそかになると、まだ収容人数に達していないのに案内できる席がなくなり、たくさんのお客様にショーを楽しんでもらえないことになります。

公演時間になる前に収容人数案内できたときは達成感がありました。
お客様と接するのはもちろん、スタッフ同士でやりとりすることがこの仕事では大切だと思います。

テーマパークのスタッフのマイナスポイント

私が働いていた中で思った主なマイナス面は3つあります。

1つ目は、給料が低いことです。
夏は暑く、冬は寒い屋外での仕事で体力的にきつい面が多いです。
さらに要求されるスキル基準も高めでした。
その割にこの給料なのかと思うことがありました。

2つ目は、休みが取れないことです。
有休を取得できるようになるまで、休みをとるのが大変でした。
事前の申請はあまり通らないので、基本的に同僚にシフトを変わってもらうのが当たり前になっていました。

3つ目は、2、3日研修をしたら一人前として扱われ、仕事をしなければならないことです。
教えてもらえることは初歩的なことだけで、名札に研修中などつけることもありません。
このテーマパークのことを知っている方でないと、働き始めはとても大変だと思います。

私はこれらを了承したうえで働いていましたが、一般的には今後働き続けるか考えてしまう面ではないかと思います。

テーマパークのスタッフの仕事に活かせる経験・スキル・資格

資格は特にいらないと思います。
高校生でも働くことができる職場です。
しいていうのなら接客業ですので、お客様と気軽に話せることはもちろん、たくさんのスタッフが働いているので、スタッフ同士ともコミュニケーションがとれた方がいいとは思います。

テーマパークのスタッフの仕事に向いている人・向かない人

何度も話している通り、接客のお仕事なのでコミュニケーション能力がある方が向いているとは思います。
お客様と毎日何十人何百人話しても、苦痛ではない方に向いていると思います。

しかし、その能力があるにもかかわらずすぐ辞めてします人もいました。
先ほどのあげたマイナス面をマイナスとは思わない、もしくはそのマイナス面を超える魅力ややりがいをこの仕事に感じる方でないと向かないのだろう、とすぐに辞めていった人達をみて思いました。

実は私も接客が大好き、コミュニケーション能力あります!
と胸を張っていえる立場ではないです。
しかし、このテーマパークが好きな気持ち、職場の同僚と仲良くなれたことが長く働くことのできた理由だと思いました。

テーマパークのスタッフのキャリアパスとは?

私が働いていた時代は、アルバイトから社員にあがるには、大学を卒業していることが条件に入っていました。
しかし、最近はだれでも意欲があれば社員になれるようになったようです。

あまり社員の方と触れ合う機会がないので、出世するのは難しい気がします。
たくさんのスタッフと交流して、たくさんのお客様と触れ合って地道に成長を見せていくしかないだろうと思います。
また、シフト制の仕事なので、朝でも夜でも働けることが条件に入ってくるように思います。

でも資格、キャリア関係なく、高卒でも、主婦でも社員になれる道があるので、以前よりは成長しやすい環境になったのだと思います。
新卒でこの会社に入れなかった方も、この道でリベンジして社員を目指す方もいるようです。

テーマパークのスタッフ業界の最近の動向

業界の中でも、全体をみても絶好調の企業であったと思います。

なぜ過去形かというとご存知の通り、コロナの影響を強く受けてしまったからです。
テーマパークは集客があってこその企業なのに、長期の閉園を余儀なくされ、再開しても今までの半分以下の集客しかできません。

オリンピックに向けて、たくさんのお客様がくることを見込んで、新しい施設をいくつも制作し、オープンしました。
しかし、少数しか入場できないため、利益にはあまりなっていないのではないかと思います。

さらに今後のオープンに向けて、ホテルや、新しい施設などを建設しています。
このコロナ禍がいつ収まるかわからない現状で、本当に大きな打撃を受けてしまったと思います。

それでも、現在時間を短縮し、収容人数を減らしても毎日開園し、働くスタッフに給料を払い続けている姿は素晴らしいなと思いました。

まさか、去年までこんなことになるとはもちろんだれも思っていませんでした。
どんな業界も明日は我が身と、慎重にならないといけないんだなと、知らされた2020年だったと思います。

テーマパークのスタッフを未経験で目指すには?

高校生でもできる仕事もありますし、退職後の第二の人生として働いている方もいます。

上を目指したいのなら、高校生から働いて、社員になった方もいますし、頑張ればどんどんキャリアアップできる仕事だと思います。
目指しているということは少なからず、この会社や、商品が好きな方だと思います。

好きだから、裏側を見たくない方もいると思いますが、好きだからこそ裏側を知りたいと思っているのなら、この仕事を楽しめるのではないのでしょうか。

私も人と話すのが苦手でこの仕事を始めましたが、先輩や同僚が支えてくれました。
声をかけたお客様に感謝され応援されて成長しました。

まずは、挑戦してみることです!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp