洋菓子店の製造スタッフの仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> お仕事大図鑑 >> 洋菓子店の製造スタッフの仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

洋菓子店の製造スタッフの主な仕事内容

  • 焼き菓子や生菓子等の洋菓子を製造する。
  • ケーキの仕込みから仕上げ、焼き菓子の仕込みなどを行う。
  • 朝はショーケースに出す生菓子の仕上げを開店までに終わらせる。
  • そして予約のホールケーキの仕上げも続いて行う。
  • 午後はケーキの仕込みはもちろん、焼き菓子の仕込みも行う。材料の計量・仕込み・成形まで一人でやることもあれば、分担してやることもある。
  • クリスマス・ヴァレンタイン・ホワイトデーなどのイベント時は通常のケーキと合わせてイベント時限定のケーキを作る時もある。
  • お盆・正月など長期休みの帰省の手土産、3月4月の異動や卒業入学時のお祝いやお礼品など、焼き菓子が売れる忙しい時期もある。

個人店で実際に働いたことがあるのは3店舗だが、それぞれやり方が違った。

少人数で回さなければいけない店は、計量から仕込みから焼きまで全て出来なければいけない。
有名店や系列店がある店舗は従業員も多いので、作業を分担して行っていた。新人は計量から、熟練してきたら焼き場の担当になったりする。

洋菓子店の製造スタッフならではのやりがい

自分の仕上げたケーキがショーケースに並び、お客様から「美味しそう」という声が聞こえてきたとき、やりがいを感じた。
開店前に必死で間に合わせるためにピリピリドタバタしながら仕上げていくのだが、やはりお客様に「食べたい」「美味しそう」と思って貰えるものが作りたいと常日頃思っている。

また自分のつくった焼き菓子を手土産に訪問するときもある。
これが自分の修行した成果だ、と報告もできる。

形が残る物だと、人の好みがあって選びづらいが、食べ物だと比較的選びやすい。
特にお菓子はそうだと思う。

おいしいお菓子はほとんどの人が好きでいてくれると思う。

一般企業だと企業同士の関わりが多いイメージだが、飲食業はお客様の意見がダイレクトに伝わってくるのが醍醐味だと思う。
また職場で学んだ知識や技術を使って家でもケーキや焼き菓子が作れるのでうれしい。

洋菓子店の製造スタッフのマイナスポイント

パティシエは華やかで楽しい職場だと思われがちだが、皆1回本気で働いてみてほしい。

結構肉体労働な仕事であり、体力と精神力が必要である。
20~30㎏位の粉や材料を持ち運びしたり、人ひとり分くらいの重さのミキサー+生地を運び、混ぜなければいけない。
筋肉がない子でもムキムキになっていくと言われている。
私自身もバリバリに働いていたときは腕や手の筋肉が異様に発達していた。

またクリスマスは暖房をつけるとケーキが溶けてだれてしまうので、寒い厨房でずっと作業しなければならない。
冷え性で寒がりで貧血持ちな自分は見事に体調を崩した。

個人店の正社員は早朝から夜まで、休みは週1、イベント時は休みなしの連勤が当たり前だった。

何かしら身体に支障をきたしている人がほとんどだった。
それでも気合と根性で頑張って働き続けている。

洋菓子店の製造スタッフの仕事に活かせる経験・スキル・資格

学生時代に運動部に入っていて、体力と精神力があること。
シェフや先輩に叱られる新人時代を過ごすには、忍耐力が必要である。

家や学校でお菓子を作ったことがあること。
ある程度の作業の流れやお菓子の名前・材料の名前などがわかると仕事が覚えやすい。

飲食のバイト経験があること。
仕事の効率の良さを求められるので、自分で優先順位をつけて動けられたら重宝される。

洋菓子店の製造スタッフの仕事に向いている人・向かない人

向いている

  • お菓子に興味がある。
  • 同じ作業が飽きないで続けることができる。
  • 集中力があって細かい作業が得意。
  • 綺麗好きで自分も周りも道具も清潔に保つことができる。
  • 周りの人と協力ができる。
  • 体力がある。
  • 叱られても反省して、何が悪いか自覚し改善できる。
  • 好奇心旺盛で何にでも疑問がわく、何にでも挑戦する。
  • 今がつらくても、仕事を覚えることに楽しさを見つけることができる。
  • ポジティブ思考。

向いていない

  • お菓子に興味がない。
  • 根気がなくて飽きっぽい。
  • 気が散りやすく集中できない。
  • 大雑把で自分や周りが汚くても気にしない。
  • 体力がない。
  • 責任転嫁し反省しない。
  • 向上心がない。
  • 安定した給料がほしい。
  • 安定した未来が待っていると思っている。

洋菓子店の製造スタッフのキャリアパスとは?

専門学校に入り就職する人が多い。
新卒で入った店で一通りの基礎を学び、3~5年したら次の店や業態に移る人が多い。

自分の店を開業する人はほんの一握りである。
ホテルや全国展開しているチェーン店、工場などは福利厚生もしっかりしていて、安定した給料を貰える。

個人店は長時間労働で薄給、激務でしかないので、肉体精神ともに病んで辞めていく人が多い。

ずっと飲食業界で働き続けたいと思うなら、一国の主となる個人店を開業するか、福利厚生のしっかりしたホテルや大企業に就職するべきだと思う。

技術を学び続けるなら、個人店で憧れのシェフのもとで修業するのが一番良い。
女性は男性に比べ、体調の変化や結婚出産育児があるので圧倒的に不利だと思う。

洋菓子店の製造スタッフ業界の最近の動向

最近SNSなどを見ていると、20代の若手や専門学校にも行っていない独学で学んだ人が結構開業している。

その人達が街場の菓子屋よりもクオリティの高い作品を作っているので驚く。
ブラックな職場で修業して、技術と引き換えに寿命を削るより、我が道を行って成功できるのなら絶対にそのほうがいい。

また小規模な販売スペース、またはオンライン販売しているので、開業のハードルが低くなっているのかと思う。
働き方改革もあり、個人店に就職する若者は激減していると思う。

コロナ禍というのもあり、ホテルやレストランも厳しいところではある。
持ち帰り、オンラインで販売できるかどうかが、生き抜けるかどうかだと思う。

機械化も進み、コンビニのスイーツも安く高品質な商品が多く、個人店離れに拍車がかかると思う。
いかに手作りというポイントを貫くか、消費者のニーズをくみ取り続けることができるか、ということを追求できる店が多いことを祈る。

また、有名店が続々と閉店してしまっていて、後継者問題も深刻である。
厳しい修行に耐え抜き伝統を守るベテランと、新進気鋭の独学ルーキー達の技術の戦いも見てみたい。

洋菓子店の製造スタッフを未経験で目指すには?

今はSNSが発達し、洋菓子を作る技術は、本や学校だけでなくインターネットに溢れかえっている。

動画でナッペの仕方も丁寧に見ることができる。
私の時代では一時停止もなく、目で身体で覚える時代だった。
そう思えば幸せな世の中だと一見思うが、じつは厳しい状況なのではないかとも思う。

チャンスはどこにでも転がっているが、だれにでも平等で、ライバルは多いのではないだろうか。
最近のコンビニスイーツは一昔前の「高いけどパティスリーを超えられない」といイメージを覆した。

オートメーション化し大量生産されたハイクォリティな商品には正直勝てないと思う。

しかし「手作り」というブランドを掲げ、どこまで勝負できるかみてみたい。
技術もどんどん進化し続け、新しい商品もどんどん生み出してほしいと思う。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp