携帯電話事業の商品企画の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> お仕事大図鑑 >> 携帯電話事業の商品企画の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

携帯電話事業の商品企画の主な仕事内容

今でこそ日本の携帯電話メーカーは、スマートフォンの波に乗り遅れ、ほとんど活動ができていない状況ですが、私が携帯電話事業に携わっていた頃は、携帯電話の黄金時代でした。

その中でも商品企画を担当し、デザインからコンセプト、ユーザインターフェースの改善、新機能をどのように自分の企画ですすめるか、最終的にはOEM事業だったので通信事業者へのプレゼンテーションまで、幅広く仕事を行っていました。

とにかく、商品企画に携わりたいと考える方々が多い中、本当に忙しいながらも、さまざまな方々とコミュニケーションをとりながら、商品ごとのプロジェクトに参画し、調査し続けました。

求められる機能の選定、さらには要素技術で投資していくべきかどうか、といったところまで打ち合わせに参画するなど、かなり多岐にわたる業務であったと振り返ることができます。

さまざまな要素が詰まっている商品だからこそ、いろいろな人脈も広がり、今の私をつくりあげる基礎になりました。

携帯電話事業の商品企画ならではのやりがい

かなり飛躍しているかもしれませんが、トレンドをつくっているという自負を持ちながら仕事をしていました。

もちろん、仕事ですから売り上げが一番。
また、何台利用されたかが重要であることはわかっていますが、「世の中でどのように捉えられたのか?ヒットしたのか?」が気になりました。

当然、ドコモやソフトバンクなどの通信キャリアの仕様に従って、製品をつくっていくわけですが、端末のデザイン、機能などがユーザには重要な購買の要素になるわけです。

独自デザインや機能の面で、どれだけユーザーうけするのか?
これにやりがいを持って仕事をしていました。

発売前の商品のデザイン調査などで、みなさんが、喜んだり、びっくりしたりする姿ほど、自分自身のモチベーションにつながるものはなかったと思います。

ライフスタイルのど真ん中の商品だけにかなり、やりがいを感じながら仕事に臨むことができました。

携帯電話事業の商品企画のマイナスポイント

若い頃に他の仕事も経験せず、突然こういった華々しい仕事に着いてしまうと、残念ながら自分が仕事ができると勘違いをしてしまう可能性があります。

また、下積みもない中、これだけ、多くの売り上げを経験できる事業につくと、金銭感覚が麻痺してしまい、他の仕事に就いた時に苦労することになります。

ですから、若い時にこのような仕事に就く場合には、必ず他の仕事を経験してから、それも下積みがあってからでなければ、本人のキャリア形成にもマイナスになると思います。

実際に簡単にものが売れる時代だと、本当の力がなくても売れてしまう、自分自身に酔ってしまうことがあるので絶対にまずいと思いました。

これは私のように商品企画だけではなく営業部隊、宣伝も同じです。
時代が携帯電話の波に乗っていただけであり、自分たちが努力したわけでもなく売れるのです。

携帯電話事業の商品企画の仕事に活かせる経験・スキル・資格

オーディオビジュアルの世界で、商品企画の経験があったり、ユーザインターフェースについて専門的な知識を持っている。
といった部分があれば非常に役立つと思います。
全てを兼ね備えた商品だったので。また、トレンドに敏感な方もよかったかなと思います。

携帯電話事業の商品企画の仕事に向いている人・向かない人

まず、向いている方。
とにかくトレンドに強い、または、予測していく貪欲な意思を持っていることでしょうか。
さらに自分に酔いしれるすることなく、ユーザーの声をしっかり吸い上げて商品に生かそうとする人材がよいと思います。

もちろん、マーケティングの世界に強い、生のマーケティングがわかる方であれば、なおよしだといえるでしょう。こうした方でなければ、やっていけません。

逆に向いていない方。
それは自分自身の考え方に自信を持ちすぎている人。
周囲の声を聞くことができないこと。
これは致命傷だと思います。

トレンドを作っていくのは自分だと言う自負を持ちすぎるあまり、ユーザや一般的な意見を聞き入れることができず、独りよがりになってしまい、全員で商品を作っていくにあたってどうしても浮いてしまう形になってしまうからです。

携帯電話事業の商品企画のキャリアパスとは?

携帯電話の商品企画や営業の方々は、当時は非常に華々しい業界で、エリートの路線だったと思います。

意欲を持って継続していくと、様々な商品開発に携わるので、華々しい仕事の部分や、苦しい部分をどちらも経験することになり、その経験が非常に重要なポジションに登るための、糧になると思います。

地道にマーケティングを行い、ユーザと接することによって商品を作っていけるような業界で、商品企画やマーケティングを行う仕事は、全ての仕事に非常に役立つのではないかと思います。

また、通信業界で携わりたいと考えている方々には、携帯電話業界の人脈や知識は、ダイレクトに役に立つことが多く、転職にあたっても非常に有利に働くのではないかと思います。

携帯電話事業の商品企画業界の最近の動向

残念ながら携帯電話からスマートフォンに時代が移り変わり、日本の企業はほとんど太刀打ちできなくなったので同じ業界に携わっている方が少ないというのが実態です。

事業そのものを行っていないので、転職して通信業界で働いている間、もしくは同じ製造業の中で商品企画の営業、マーケティングに携わっているかのどちらかだと思います。

日本の企業で、携帯電話からスマートフォンに至るまでを、製造している企業もありますが、かなりのマイノリティーになってしまいました。
今後はさらにその傾向は続くでしょう。

自分自身が持ち合わせていたマーケティング力や経験をうまく活かすためには、携帯電話事業やスマートフォンの授業にこだわってはいけません。

そのスキルを活かす業界で仕事をしなければ、正直なところなかなかプラスに働かないと思います。

過去の栄光を引きずることなく仕事をしていくこと。
これが非常に重要なポイントになるかと思います。
実際に、携帯電話の事業など今は日本国内では無いに等しいのが実態ですから。
とにかくモノづくりで経験をいかす、これが一番です。

携帯電話事業の商品企画を未経験で目指すには?

今や、携帯電話、スマートフォンは生活の一部となっているため、自らトレンドを作り出すようなことは難しいかもしれません。

ですから、どうしてもこの分野での商品き企画に携わりたいのであれば、まずは商品開発のプロセスから学びましょう。(どんな、ものづくりでも共通するマーケティングの力を磨くつもりで。)

こうした、普遍的な力を身につけたいという考え方をもたなければ、なかなかうまくいかないのが実際のところかもしれません。
そして、多様な人材と交わることに拒否反応を示さないこと。ライフスタイルの真ん中にあるが故に、かなり幅広いです。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp