新卒採用事務の請負の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> お仕事大図鑑 >> 新卒採用事務の請負の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

新卒採用事務の請負の主な仕事内容

誰もが知っている大手企業の新卒採用事務の請負をやっていました。

あまりなじみのない業務ですが、大手企業の新卒採用は短期勝負となるため、一時的に業務量が激増します。

その中で、新卒採用担当者がコア業務に集中できるよう、誰でもできる事務を外部に発注しているのです。

コア業務としては説明会・選考(面接)・内定後フォローとなります。

企業によってはインターンシップ事務も外注しています。
外注されている事務業務は、自社採用管理システムの更新、イベント日時更新、エントリー者への説明会呼び込みメッセージ作成・送信、採否メール、電話受付、説明会・選考参加予定者のリスト納品など多岐にわたります。

自社採用管理システムの更新は特にボリュームがありました。

とはいってもWebの専門的な知識は不要です。
業務そのものの量が多いわけではなく、案内文をどう書けば予約につながるか、クライアントのニーズを満たせるかなど創作的な部分が多く、最も時間をかけた業務だったと思います。

新卒採用事務の請負ならではのやりがい

自社採用管理システム更新は前述した通り創作的な部分が大きく、面白い業務でした。

ブログのように目立たせる文字を変えてみたり、表現方法を工夫したり、自由度が高く楽しく行いました。

また、複数の会社の採用事務を担当するため、色々な会社の考え方や工夫を見ることができ、将来に活かせる部分も大きくありました。

インターンシップの感想を見たり、専門職種の面接会場で才色兼備の応募者を見ながら評価を打ち込んだり、一つの企業に勤めていては見られない部分を短い期間で多く体験できたと思います。

通年の採用業務や採用・就活のトレンドについて自然と知識が身につき、新しいことばかりでとても面白く感じました。

元々、事務業務未経験だったため、事務ミスが大きく減り、事務業務に対する正確性が上がったことも結果的には良い経験ができたと感じています。

新卒採用事務の請負のマイナスポイント

請負だったため、相手の都合に合わせて残業が発生するということが多くありました。

当日、「対応は○時まで」ということだったのですが、頼まれると断り切れず、突発的な残業でプライベートの予定をドタキャンしたことが何回もあります。

一番驚いた残業依頼、は知らない人はいない大手メーカーからの採否連絡を。本日中にしてほしいので、採否が決まるまで待ってほしいという依頼でした。

採否が決定していたにもかかわらず急遽採用したい人が出たため、誰かを不採用にしなければならなくなったのです。

応募者に採否連絡日を伝えていたため、今日中に連絡しなければならないということでした。

結果、採否が決まったのはその金曜日の22時頃でした。

ブラック企業と思われることを防ぐため、多くの企業は遅い時間のメールを避けるため、印象に残った出来事でした。

新卒採用事務の請負の仕事に活かせる経験・スキル・資格

採用といっても、やはり事務ですので、資格はいりませんが事務能力が求められます。

他社の請負のため、電話応対能力も平均以上を求められますし、学生の一生にかかわるところですのでミスも許されません。
事務経験があり、スピーディにミスなく事務をこなせる能力があれば活かせると思います。

新卒採用事務の請負の仕事に向いている人・向かない人

ルーチンワークをひたすらこなし、事務作業でそこそこの給与をもらいたい方には向いています。

1年もすればおおむね覚えられる業務であり、指示に従って行う業務のため、飽きっぽい方やルーチン作業より企画が好きな方は続けていくことが難しいと思います。

ずっと社内で行う仕事のため、外回りが好きな人には向いていませんし、内勤が好きな方には向いています。

突発的な残業も多いため、子育て中の方や家庭がある方、ライフワークバランスを重視する方には向かないと思います。

他社の個人情報を多く扱うため、個人情報に関する資格の取得は必須となります。
個人情報に関する知識の習得や、意識が低い方は向きません。

新卒採用事務の請負のキャリアパスとは?

自社採用にもかかわることができるため、事務だけではなく自社採用業務の知識・経験を積むことができます。

面接の方法を学び、面接で経験を積むだけでなく、他社転職サイトの使い方、転職業者との打ち合わせ、未経験で入社しても1年以内にそういった業務に携わり、経験を積むことができます。

ただし、どうしても請負という面があるため、経験を積んだからといって、コア業務をメインとことができない点が残念です。(やってみたかったのですが)

ほか、個人情報に関する意識やコンプライアンスが高まり、業務中は携帯を鍵付きロッカーに入れるというルールなどを身につけることが可能です。

社内で管理職(とはいえ、プレイングマネージャー)を目指すか、他社に転職してコア業務の担当を目指すかという2つが現実的なキャリアパスです。

新卒採用事務の請負業界の最近の動向

どのような仕事でも外注業者が多く存在しているので、新卒採用事務の請負も拡大しています。

新卒採用事務を外注しているかという統計は見当たらないですが、近年の動向を見ていると拡大していると感じています。

インターンシップ・通年採用が一般化し、採用担当者の業務が増える一方、人員・予算は増えないのが多くの企業の現状です。
残業規制も厳しくなり、働き方改革も進んできています。
そのため、今後も新卒採用事務の外注ニーズは増えていくと考えられますし、競争が激化し外注に関する価格も下がっていくと思います。

競争激化により、対応時間が延び、外注を請け負っている側の給与は減少し、発注者と請負の給与格差が激しくなっていくと感じました。
(そのため、発注者は外注した方がコストが安い、となっているのですが)

少子化の影響として、若年者(新卒)が減少し、少ないパイを奪い合う状況はアフターコロナ以降も大きく変わることはないでしょう。

そのような新卒市場においてコストを削るため、外注業者のニーズはますます高まっていくことが予想されます。

新卒採用事務の請負を未経験で目指すには?

別職種から採用・人事へのキャリアチェンジを狙うのであれば経験を積むために有用です。

採用・人事は経験者が少ない割に、中途では経験者しか雇わない印象があります。

これは自社の他部署から採用担当に異動するケースが多いためです。
採用・人事を募集している企業というのは、その業務ができる人、業務ができるように育てられる人が社内にいないからだと考えています。

そのため、経験者しか雇わないという現象が起きます。

採用・人事へのファーストステップとして多岐にわたるいい経験が積め、基本的な知識と事務スキルを手に入れることができます。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp