街頭大型ビジョンの映像制作の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> お仕事大図鑑 >> レジャー・イベント・エンタメ >> 街頭大型ビジョンの映像制作の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

街頭大型ビジョンの映像制作の主な仕事内容

渋谷スクランブル交差点や街中にある、大型ビジョンで放送される映像の制作です。

ほとんどの映像コンテンツの場合は、テレビ局向けに制作された映像(テレビコマーシャルやミュージックビデオ等)を、街の街頭大型ビジョンのシステムで再生できる様に変換します。
デジタルデータをパソコンと光回線を使い、放送可能な形式に変換する単純作業ですが、放送スケジュールに沿って放送する宣伝や、カンパケ(様々なコンテンツを一本にまとめて、自動的に番組として放送する)作業が多いです。

大型ビジョン向けの特別生放送等もあるので、その番組用のオープニングムービーを3DCGや合成作業のためのヴァーチャルセットの制作と合成を行ったり、放送後にウェブサイトに載せて、いつでも誰でも見れる様にしたりといった知識が必要です。

技術的には、クリエイティブ系のスキル・放送形式に圧縮して最適化する技術・3DCGアプリで制作した背景動画合成のために、グリーンバックで撮影しつつリアルタイムで合成をするといった内容です。

街頭大型ビジョンの映像制作ならではのやりがい

クリエイティブ系の考え方・技術的な知識・オペレーション技術・放送システムの理解など、多岐にわたるスキルが求められました。

クオリティーを維持しながら、効率的な作業を行い、自分のパソコンで作った映像が街中の巨大スクリーンで放送される瞬間は感動的です。

多くの人たちに見てもらえる事が、一番の喜びですで、ほめてもらったり、「放送見たよ!」といった、何気ない言葉をかけてもらえた時は更に感動します。

はじめの頃に「はたして、自分の映像は、みんなに見てもらえるのだろうか?」と、ドキドキした分だけ、見てもらえたり、ほめてもらえるのが快感的に感じられて、鳥肌が立つ時もありました。

制作者として、事務所にこもって作業をするのがほとんどですが、映像の放送スケジュールに合わせて、大型ビジョンが見えるお店で放送チェックをしながらのティータイムの時間も、やりがいを強く感じていました。

街頭大型ビジョンの映像制作のマイナスポイント

クリエイティブ系のお仕事全般に言える事ですが、依頼主のお客様の無理な要望が多いです。
それでも、要望にはできるだけ応えようと心がけるのですが、同時進行する案件も抱えるため、普通に夜勤や徹夜作業が発生していました。(若いうちに出来る仕事なのかなと思います。)

ひどい時は、4日間帰宅せずに作業をしたこともありました。
間食とトイレに行く時間以外は、数台のコンピュータを使い、制作をしつつ、他のコンピュータで映像を計算させて完成させたりと、かなりタイトなスケジュールな時があります。
基本的に朝~夜間、平日も土日も放送は止まらないので、基本休日は無いと思っておいたほうが良いです。
(今は、このご時世なので、そこまでのことは無いと思いますが、、。)

社内での依頼の映像のハードルは少し低いのですが、企業系のCMを制作をするい場合は、クオリティーを保ちつつ、厳しいお客様の目と注文に必ず応えないといけないので、緊張しながら制作をするのが、心臓に悪そうです。

街頭大型ビジョンの映像制作の仕事に活かせる経験・スキル・資格

「この資格が無いと、業務ができない」という資格はありません。
作品を仕上げることに「生きがい」を感じられる。という点が最低限の資格になりますかね。

しかし、制作実績が全ての世界なので、アドビ系のクリエイティブアプリを使いこなす技術(資格)は求められるともいます。

街頭大型ビジョンの映像制作の仕事に向いている人・向かない人

とにかく映像制作が好きな人向けであって、徹夜の覚悟と体力、トレンドに敏感になっておく事を楽しめる人に向いていると思います。

街頭の大型テレビで放送されるので、自己承認欲求が強い人にとっては、快感を覚えるくらいに、承認欲求が満たされると思います。

自分の作った映像を、堂々と披露するのが恥ずかしかったりすると、足を止めて見てもらえません。(世間の目は厳しいのです)

自分の事をさらけ出すつもりで、オープンな考え方で、制作とお披露目するのが楽しいと思える人に向いています。

体力的に弱い人は、過労とか残業を気にしていられない世界なので、何かもっと儲かる仕事を探した方が良いと思います。

街頭大型ビジョンの映像制作のキャリアパスとは?

世の中の流れに敏感であることです。
流行をを真似するだけでなく、逆に流行を作り出すセンスと、そのセンス磨きが必須です。

先輩クリエイターさんのアシスタントから始まり、そのうち、自分で制作した映像を評価してもらえるようになりまる。

自分でアイデアを出す訳ですが、何かを真似るのではなく、他の人の良い作品や、自分の好きな分野の作品を貪欲に見まくって、自分の目を養うことを続ければ、どんどんとセンスがあがっていきます。

いつかは先輩クリエイターを抜かすつもりで、どんどん自分磨きをすること。やがて入ってくる後輩からも学ぶことは多くあり、とにかくスキル磨きを続ける世界です。
(キャリアパスに対しての回答では無かったですね、、。スミマセン)

街頭大型ビジョンの映像制作業界の最近の動向

最近はおうち時間とともに、YouTuberが増えました。
アルバイトとして映像編集やテロップ入れ等、沢山の人にとって映像制作が身近なスキルとなっています。
そのため、業界全体のレベルが上っていると感じます。

有名な人の映像構成の真似をしているだけでは誰も見てくれない時代です。コンセプト重視となりました。
一般的な物を作らず、少し斜めに物事をみて、他の人との差別化をはかり、それを自分の強みとして、アイデア出しが出来る人が「良い映像制作者」と言われるようになったと思います。

スマホアプリなどで、誰でも映像制作が出来るようになりましたが、アイデアの部分が肝心なので、「考える力」と、それを「最適な手法で表現する技術力」が必要な時代です。

映像制作がハイビジョンから4Kや8Kへと進化していきますが、比例して給与が上がるわけではありません。
その部分は、クリエイターにとっての負担になることもあります。
制作に使うパソコンの性能にも左右されるので、時代の進化に疲弊する事なく、技術の先取りをするといった、ポジティブな要素が求めまれます。

街頭大型ビジョンの映像制作を未経験で目指すには?

若いうちはお金が許せば、映像制作や3D制作の専門学校に通って基本的な事を学ぶのも良いと思います。

それか、この業界の求人情報にアンテナをはりつつ、未経験でも採用してくれる映像制作会社に入るのも一つです。
そして先輩から技術やアイディアの出し方などを、こっそり学び取りましょう。

まずは、スマホアプリなどで簡単な動画編集から始めてみてはいかがでしょうか?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp