スーパーのレジ係の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> お仕事大図鑑 >> 販売・接客・サービス >> スーパーのレジ係の仕事内容、メリット・デメリット、未経験から始めるには?

スーパーのレジ係の主な仕事内容

主にレジ打ちのお仕事です。

お客様の購入したい商品をカゴから出してスキャン、「購入済み商品専用のカゴ」または「お客様持参の買い物カゴ」に入れます。
最後はレジ袋の必要不必要、クーポンを持っているか等を聞き、お会計をします。

最近のレジは、大手やチェーン店ではお金を入れると、機械が勝手におつりを出してくれるレジが主流ですから、間違いが無く、楽です。
お店によってはお客様自身で機械で会計をするシステム担になっていて、こちらはもっと楽です。

体の不自由なお客様や、子供がいて手がふさがっているお客様、力のなさそうなお客様のカゴをサッカー台(商品を袋に詰める台)まで持って行きます。

レジ業務中、お客様が途絶えた時には、レジやサッカー台を拭いたり、小さなビニール袋(魚や豆腐など、濡れた物を入れる袋)補充、商品陳列棚を整えたりもします。

お会計の方法も多種多様ですから、クレジットカードやクーポン券等について勉強しなくてはいけません。

スーパーのレジ係ならではのやりがい

お客様から「ありがとう」と言われることが非常に励みになります。

丁寧に商品を扱い、スキャンし、カゴに入れると言う一連の動きには細心の注意が必要です。
また、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と、笑顔でお声がけをしなくてはいけません。

そして、お客様を待たせないよう、スピードも大事です。
それらをした暁に、「ありがとう」と言われるのは本当に嬉しく思い、やりがいだと思います。

また、「あなたのレジが良い」と言って毎回並んで下さるお客様もいます。
他愛の無い会話をされるお客様もいます。
このようなお客様とのささやかな交流もやりがいの一つだと思います。

お店によっては、お客様からお褒めのお言葉をもらった時に表彰されるシステムがあったりします。
お店側としても、レジ店員がいかにお客様に気分良く接しているかが重要なのだと思います。

スーパーのレジ係のマイナスポイント

曜日によって、多くの商品を値下げしたり、お店のポイントカードの何倍セールをしたり、夕方以降の値下げの時間帯など、とにかく忙しくなる日、時間帯があります。

どんどん出来る列に対応しなければならないので、猛スピードで手を動かさねばなりません。
重い物(お米やペットボトルなど)もここぞとばかりに買うお客様が次々に来ます。
そこで腱鞘炎やぎっくり腰になった同僚も何人かいました。

また、お客様自身も長蛇の列に辟易していますから、時に罵声が飛んでくることもあります。
理不尽に怒られることもあります。
それでも手を休めず動かねばならず、そこを耐えないといけません。
特に、罵声を浴びせられた後は仕事後も引きずってしまいます。

スーパーのレジ係の仕事に活かせる経験・スキル・資格

国際化の今、外国からのお客様が増えています。
英語や中国語、韓国語を話せると良いと思います。

資格としては、日常会話に不便しない英検3級程度があると対応できます。
接客業なので、スーパーでなくても接客業に携わった経験があると活かせると思います。

スーパーのレジ係の仕事に向いている人・向かない人

向いている人は、人と話すことが好きな人だと思います。

笑顔で挨拶、が最低限ですから、それを苦だと思ってしまう人には向いていません。
お客様が何を欲しているか、どうお手伝いしたら良いかを出来る気配り出来る事も重要です。

同じ時間帯にレジに入っている同僚とのコミュニケーションも大切です。
一人黙々と作業のみをしたい人には不向きです。

また、お客様が他のレジに並んでいるのに自分のレジが開いている時、自分のレジを新たに開けたときには「こちらのレジにどうぞ」と、進んでお客様を誘導しなくてはいけません。

大きな声を出すのが苦手な人も向いていないと思います。
お店によっては、レジにお客様がいない時、「この商品が安いですよ」などと大声で宣伝をしないといけない事もあります。

スーパーのレジ係のキャリアパスとは?

課長になって部長になって、やがて店長、社長を目指す、と言うような出世ルートではありません。
レジ店員はほぼパートかアルバイトです。

ですが、会社独自のレジ試験があり、何段階かをパスすると正社員になれる、と言う正社員への道もある場合があります。

正社員になるとレジ業務以外にも、部門担当者、サービスカウンターや仕入れ業務など他の仕事を任される事もあるようです。

その後は部門マネージャーという責任者、スーパーバイザーや副店長、店長へと進みます。

パートやアルバイトのままで良い、と言う人も成長できます。
レジ業務で培った接客能力は、レストランのホール係やホテルなどの他の仕事でも幅広く活かせると思います。
転職したい時に使える経歴、能力になります。

スーパーのレジ係業界の最近の動向

最近はお客様自身が商品をスキャン、会計までするセルフレジが多く導入され、有人のレジが減ってきました。
また、コロナウィルスの影響と、ネット販売の普及で実店舗で買わない、と言う人も増えています。
レジ打ちの仕事自体は減ってきているように思います。

外国からの移住等により、以前より外国人労働者が増え、同僚に何人か外国人、と言う環境も普通になってきました。
彼らに日本独自の接客業を理解してもらわねばなりません。
概して外国のレジ業務は無愛想でも良い場合が多いですから。

お会計の方法も多種多様になってきました。
どんな支払いシステムがあるのか、常に新しい情報が必要です。

業界全体で見ますと、経済悪化による買い控え、人口減による消費の縮小、人手不足と人件費の値上げ、コンビニエンスストアやドラッグストアとの競合など、厳しいといえる要素が沢山あります。

スーパーは今後、ネットスーパーを強化していく方向であると思われます。

会社という大きなくくりで見ますと、今は大手2社の2強体勢ですが、いくつかのスーパーでは再編の動きがあるようです。

スーパー自体が商品開発などをし、他社に差をつける事の出来る「プライベートブランド商品(PB商品)」の充実も最近の傾向です。

スーパーのレジ係を未経験で目指すには?

面接時には「この人は接客に向いているな」と思わせる明るい表情や、きびきびとした態度が何よりだと思います。

また、国際化が進んだ今、英語をはじめ、外国語で日常会話が出来るレベルの語学力があると更に良いです。
履歴書に何語何級と、具体的に書いてあると強みになります。
使用頻度としては、中国語、英語が多いです。

食品業界は毎月のように新商品が並びます。
新商品について聞かれることもしょっちゅうです。
お客様との会話で時事ネタが出てくることもあります。
常に外へ向かってアンテナ張っておく癖をつけると良いのではないでしょうか。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp