「少しでもはたらく人々を幸せにできるなら」ヴィス新卒2年目社員が、早く成長することにこだわる理由

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> HRコラム >> 「少しでもはたらく人々を幸せにできるなら」ヴィス新卒2年目社員が、早く成長することにこだわる理由

引用元:U-NOTE より

「少しでもはたらく人々を幸せにできるなら」ヴィス新卒2年目社員が、早く成長することにこだわる理由


「若手が活躍している職場です」「20代でリーダーに!」など、早いうちから裁量権を持てる会社を選んで入社した若手ビジネスパーソンもいるのではないでしょうか?実際、そのようなことをアピールポイントとして謳っている企業も少なくありません。

しかし、”早く成長できる環境に身を置きたい”理由をしっかり考えたことはありますか?

株式会社ヴィスの新卒2年目社員である竹田有佑さん(24歳)も、裁量権を持つことや成長速度を大切にしているビジネスパーソンの一人。現在はチームを率いるリーダー的立場にいる竹田さんに、成長速度にこだわる理由を取材しました。

「はたらく人々を幸せに。」のもと、オフィスに笑顔を運ぶ

株式会社ヴィスは、企業理念「はたらく人々を幸せに。」のもと、“はたらく”をデザインするワークデザインカンパニーです。「コンサルティング(働く環境の分析や社員エンゲージメント向上)」「ワークスタイリング(働く環境の構築や支援)」「ブランディング(企業ブランディング強化)」を通して継続的に企業価値向上の実現をサポートしています。

 



提供:株式会社ヴィス

フィロソフィーと「人」に惹かれて入社

—–竹田さんは、就職活動で、どのような軸を持っていたのかを教えてください。

竹田さん:最初は音楽やエンタメなど、自分の興味があることを軸にしていました。しかし、いろいろな企業を見ても、なかなかしっくりこなかったので、軸を変えた方がいいのかと考えていたとき、ある一文を思い出したんです。

—–どのような一文だったのですか?

竹田さん:「社員食堂を作りました」という一文です。

大学3年の時にインターンに参加した、とある企業の会社説明資料にあった文なのですが、「社員食堂を作る仕事もあるんだ」と、なぜかずっと記憶に残っていました。今考えてみると、その時から環境を作る仕事に強く惹かれていたのかもしれません。環境作りという点でいうと、もともと僕は祭りや音楽など、皆が楽しめる場を作ることに興味があったんです。

また、正直なところ、周りの人たちからさまざまな声を聞く中で、当時は「はたらく」ということに対して前向きなイメージを抱くことができなくて…。そんな「はたらく」を少しでも楽しくできる仕事ならば携わりたいと思いました。

「はたらく」と「環境づくり」といった軸で探し始めたところ、出会ったのが「はたらく人々を幸せに。」を企業理念として掲げるヴィスでした。僕が頭の中で考えていたことを言語化している!と感じたんです。

—–会社が目指していることに深く共感したのですね。他に入社の決め手になったことはありますか?

竹田さん:「人」の影響も大きいと思います。選考では実際に一緒に働く予定の社員が面接官だったため、働くイメージを抱きやすかったです。そして印象的だったのが、社員の人たちの人柄の良さ。ヴィスでは、来訪者一人ひとりに、一言メッセージを添えたウェルカムカードをお渡しするのですが、それを学生の僕にも用意してくれていたことに感動しました。仲間として大事にしてくれそうな会社だな、と。

加えて、すでに出来上がった大きな組織の中の一人として働くというより、若いうちから裁量権を持って自ら組織作りに参加することに興味があったのも、ヴィスを選んだ理由のひとつです。

会社の「顔」として、インサイドセールスに従事



提供:株式会社ヴィス

竹田さんは2020年4月に株式会社ヴィスへ新卒入社。同時期に新部署として立ち上がったインサイドセールスチームに配属され、現在に至ります。

—–具体的にどのような仕事を担当しているのですか?

竹田さん:ヴィスのサービスを活用していただけそうな企業に電話で提案する仕事です。どのくらい成長幅のある企業なのか、ヴィスのサービスとの親和性がどの程度あるか、そしてどのようなソリューションなら喜んでいただけそうかと仮説を組んで、ご案内します。

インサイドセールスチームは、お客様が最初にヴィスと接する、まさに会社の「顔」。お客様に興味をもっていただき、ワクワクしながら依頼していただく。そのような土壌を作るのが、インサイドセールスの役割だと考えています。

また、企業のオフィス移転の状況をキャッチして提案するなど、タイミングが命の仕事なので、常にアンテナを張り、リサーチをしています。

—–顧客とコミュニケーションをとる際に意識していることはありますか?

竹田さん:自分が話し過ぎないようにすることです。他にも間を作ったり、質問したりして、お客様が話しやすい雰囲気を作っています。

そして、自己開示をすること。どこの誰かわからない人から、いきなり営業の電話をもらっても、ただただ戸惑ってしまう人が多いと思います。そのため、自分がどんな人間なのか自己開示をすることで、安心して話していただけるようにしています。

あとは、社内外問わず、先回りして相手が求めることを察知し、期待に応えられるよう心がけています。

このようなことを先輩に教えてもらったり、先輩の姿を見て感じ取ってエッセンスとして吸収したりしてきました。

—–ところで、ヴィスは、「働きがいのある会社」(Great Place To Work(R) Institute Japan)ランキング中規模部門において、4回ベストカンパニーに選出されていますよね。実際に働いてみて、竹田さんはどのように感じているか、教えてください。

竹田さん:働きがいを感じられるかは、自分次第だと感じます。ただ、組織としても大きな変化の中にあることもあり、チャンスはゴロゴロ転がっていますね。「こんなことに挑戦してみたい」と声を挙げれば、皆が答えてくれる社風です。このような社風を活用できれば、やりがいを持って働くことができると思います。

—–チャンスをつかむために、竹田さんが大切にしていることはありますか?

竹田さん:こうかなと思った疑問や意見を飲み込まないで、上司など他の誰かに伝えるようにすることです。ヴィスは、社歴や肩書き関係なく、フラットにコミュニケーションをとれると感じています。

 



提供:株式会社ヴィス

社内外問わず丁寧なコミュニケーションを心がけ、実直な態度で仕事に向き合っている竹田さん。先日開催された半期総会では、営業部門で最も案件化額が高かった社員として表彰されたのだそう。

—–表彰を受け、今どのような気持ちですか?

竹田さん:お客様や仕事を任せてくれている上司、支えてくれる同期や後輩への感謝の気持ちでいっぱいです。もっと結果を出せるようがんばります。2年目になり、インサイドセールスチーム内でも後輩を引っ張っていく立場になったことで、後輩たちに背中を見せる責任も感じています。

目指すは、歴代最速でマネージャーになること



提供:株式会社ヴィス

—–今後の展望を教えてください。

竹田さん:ヴィス歴代最速でマネージャーになることを目指しています。現在僕が属しているインサイドセールスチームは、立ち上がってまだ1年半ほどのチームです。そんな新しいチームを作り上げ、マネージャーとして率いている先輩を見ると、「なんて楽しそうなんだ。自分も早く成長してマネージャーになって、よいサイクルを作っていきたい」と感じます。インサイドセールスチームを年次関係なく、結果を出せるチームにしていきたいです。

—–竹田さんは、早く成長すること、裁量権を持つことを強く意識されているようですが、どうしてですか?

竹田さん:自分ができることが増えれば、会社をよりよくすることができると信じているからです。ヴィスのサービスを通して社外のお客様を幸せにすることはもちろんですが、社内で自分のそばにいる人たちも幸せにしたいと思います。2年目になり、多くの後輩ができたことで、このことを強く感じるようになりました。自分が成果を出すことに集中していた1年目の頃とは違う感覚です。

現場のリアルな声を知っている僕がマネジメントする立場になることで、もっと会社や仲間たちに貢献できるはずだと信じています。



提供:株式会社ヴィス

「先輩として、後輩に背中を見せる立場でありながらも、自分を追い越してくれるような後輩が出てくることを期待している」と語っていた竹田さん。自分のことだけでなく、チームに属するメンバー一人ひとりのことを考えるなど、すでにマネージャーとしての視座を持っているようです。そんな竹田さんだからこそ、周りの人たちも仕事をする上での課題などを相談することができるのでしょう。

自分のことだけでなく、周りの人たち皆を幸せにしたい。リーダーを目指す若手ビジネスパーソンにとって、竹田さんの姿勢は参考になるのではないでしょうか。

出典元:株式会社ヴィス



引用元ページへ移動して読む

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp