スキルなし未経験からフリーランスになれる?6ステップと準備したい5つのこと

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp
ホーム >> HRコラム >> スキルなし未経験からフリーランスになれる?6ステップと準備したい5つのこと

引用元:U-NOTE より

スキルなし未経験からフリーランスになれる?6ステップと準備したい5つのこと



働く場所や時間などが自由なイメージがある、フリーランスに憧れる人も多いのではないでしょうか。

本記事では、フリーランスになる前に考えておきたいことやフリーランスになるためのステップなどをご紹介します。

フリーランスになるか悩んでいる人や、フリーランスになるために具体的な行動をしようとしている人は参考にしてください。

本記事の内容をざっくり説明

  • そもそもフリーランスとは?自営業や個人事業主との違いを紹介
  • フリーランスになる前に考えておきたい6つのこと
  • スキルなし・未経験の状態からフリーランスになるステップ

 

そもそもフリーランスとは?

そもそもフリーランスという働き方がどのようなものなのかよく知らない人も多いのではないでしょうか。

以下では、フリーランスの言葉の意味や類義語との違いをご紹介します。

 

フリーランスとは

フリーランスは中小企業のように法律上明確な定義があるわけではありません。

しかし、経済産業省のガイドラインによるフリーランスの定義は以下のように紹介されています。

実店舗がなく 、雇人もいない自営業主や一人社長であって、自身の経験や知識、スキルを活用して収入を得る者

引用:経済産業省

 

一般的には、企業や団体に属さず、個人のスキルを駆使して仕事を行う人のように捉えられています。

 

フリーランスと自営業の違い

「自営業」とフリーランスの違いが気になる人も多いでしょう。

自営業とは、自ら事業を営む人のことをいいます。フリーランスも企業や団体に属していないだけで事業を営んでいるので、自営業の一種だといえます。

 

フリーランスと個人事業主の違い

では、フリーランスと個人事業主の違いは何なのでしょうか。

個人事業主とは、税務署に開業手続きを出している人を言います。

先ほど紹介した自営業は、個人事業主と法人経営者の二通りに分けられます。個人事業主・法人経営者という言葉は、税務上の区分を表す言葉です。個人事業主になるためには、税務署に開業手続きを出す必要があるのです。

そのため、フリーランスであっても開業手続きを出していない場合は、個人事業主ではないフリーランスです。また、個人で法人化するフリーランスもいるので、フリーランス=個人事業主という考え方は間違いです。

フリーランスの中には、個人事業主であるフリーランスや法人経営者であるフリーランス、またどちらでもないフリーランスが存在することを覚えておきましょう。

 

スキルなし・未経験でフリーランスになるのは難しいといわれる3つの理由

「スキルがなくてもフリーランスになりたい!」という熱い気持ちを胸に抱いている人もいるのではないでしょうか。

一般的にはスキルなし・未経験ではフリーランスになるのは難しいといわれています。

以下では、フリーランスになるのが難しいといわれる理由についてご紹介します。

 

理由1.経験や実績がないと、仕事を依頼されにくい

フリーランスは、個人や会社などのクライアントから仕事を依頼されて実際に仕事に取り組みます。

そのため、クライアントに「この人に仕事を依頼したい!」と思ってもらえないと、仕事をもらうことはできません。

クライアントはたくさんの依頼先の中から、依頼した業務を遂行できるスキルがある人を探します。依頼先には、個人であるフリーランス以外にも法人も対象になることが多いでしょう。

そのため、わざわざ経験や実績がなく信頼性が低いフリーランスに依頼する企業は少ないといえます。

 

理由2.誰かが仕事を教えてくれるわけではない

会社に入ると、先輩や上司から仕事のノウハウを教えてもらったり、フィードバックをもらったりしながら経験を積んでいけます。

しかし、フリーランスの場合は、誰かが仕事を教えてくれるわけではありません。

自分自身の力で必要な知識が何なのかをまず把握することから始まります。受動的ではなく能動的に動かなければスキルは身につかないもの。

特にフィードバックをもらえる環境ではない場合は、自分自身に足りない内容を把握することは難しいでしょう。自分だけでスキルアップをすることは、先輩や上司がいるときよりも難易度があがることは覚えておきましょう。

 

理由3.スキルや経験がないと、単価が低い仕事しか受けにくい

スキルや経験がなくてもできる仕事もあります。しかし、スキルがなくてもできる仕事は単価が低いことが多く、十分な収入を得られる可能性が少ないです。

単価が低い仕事を大量にこなすのは心理的にも、肉体的にも疲れてしまいます。

スキルやノウハウが十分に身についていないと、十分に収入を得ることは難しいえるでしょう。

 

フリーランスになる前に考えておきたい6つのこと

フリーランスになるという選択は簡単なことではありません。

いざフリーランスになった際に「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、以下でご紹介するフリーランスになる前に知っておきたいことを参考にしてください。

 

1.どうしてフリーランスになりたいのか目的を明確にする

フリーランスになる前に考えておきたい1つ目のことは、どうしてフリーランスになりたいのか目的を明確にすることです。

副業としてフリーランスになるのか、本業としてフリーランスになるのかで働き方や仕事の量、努力の仕方などは大きく変わります。

また、副業としてフリーランスを経験した後に、本業として働く方法もあります。

一般的な会社では、周りに副業をしている人は少なく不安に思う人もいるのではないでしょうか。

中小企業庁のフリーランスの勤労形態のアンケートによると、17.3%がフリーランスを副業としています。

フリーランスでは副業も珍しくないので、まずは副業として始めるのも一案かもしれません。

自分の今後のことをよく考えた上で、どのようなフリーランスになるのか考えておきましょう。

 

2.スキルを身につけるために努力し続けられるか考える

フリーランスになる前に考えておきたい2つ目のことは、スキルを身につけるために努力し続けられるか考えることです。

フリーランスは、ライバルよりも常に一歩進んだスキルや技能が必要になります。

すでにスキルを持っている人でも、スキルを磨くことを怠れば、常に努力してきた人に仕事を奪われ、仕事を依頼してもらえなくなってしまう可能性もあります。

フリーランスでは勉強し続け、常に最新の知識をアップデートすることが必要不可欠なのを忘れないようにしましょう。

 

3.業務上の責任はすべて自分にあることを認識する

フリーランスになる前に考えておきたい3つ目のことは、業務上の責任はすべて自分にあることを認識することです。

会社員の場合は、ミスを犯した場合は上司や先輩などが助けてくれたり、病気をしてしまった際にもフォローしてくれたりするでしょう。

しかし、フリーランスの場合はミスはすべて自分の責任になります。また、病気をした際のフォローもありません。もちろん、クライアントも便宜を図ってくれますが、頻繁に続くと信頼関係を築くのは難しくなるでしょう。

自由なフリーランスだからこそ、かかる責任は比例して大きくなることを把握しておくことをおすすめします。

 

4.体調不良や出産・育児中などで働けない期間は収入がなくなる

フリーランスになる前に考えておきたい4つ目のことは、体調不良や出産・育児中などで働けない期間は収入がなくなることです。

フリーランスは自分次第で高収入を目指せる夢がある仕事です。しかし、体を崩したり、環境が変化したりなどで働けなくなってしまうと収入が止まってしまいます。

企業に勤めている場合と比較して収入が不安定であり、常に稼げるわけではないことに注意が必要です。

 

5.税金や保険などの手続きの勉強をする

フリーランスになる前に考えておきたい5つ目のことは、税金や保険などの手続きの勉強をすることです。

会社員の場合は、会社が保険や税金の手続きを行ってくれます。そのため、自分で調べたり考えたりすることはほとんどないでしょう。

しかし、フリーランスの場合は、税金や保険などの手続きを自分で行わなければなりません。

例えば、今まで入っていた「一般被用者保険」ではなく、国民健康保険にする手続きを行う必要があります。また、確定申告や青色申告などの手続きもしなければいけません。

フリーランスに向けた税金や手続きなどの書籍で学んだり、専門家に相談するなどして、手続きを行う必要があることは認識しておきましょう。

 

6.万が一のときのための貯金を準備する

フリーランスになる前に考えておきたい6つ目のことは、万が一のときのための貯金を準備することです。

働けない状態になってしまった際や仕事を思うように受注できなくなった際に、生活に困窮することがないように、数ヵ月間は生活に困らない程度の貯金を準備しておくと安心です。

また、フリーランスに限った話ではありませんが、結婚や引っ越しなどのライフイベントにもお金がかかります。もしもの場合に備えて、貯金をしておくことはとても大切です。

関連記事:結婚する時の平均貯金額は?気になる「いくらあれば結婚できる?」

 

スキルなし・未経験の状態からフリーランスになるステップ

スキルなしや未経験ではフリーランスになることは難しいですが、ステップを踏むことでフリーランスになることは可能です。

以下では、スキルなし・未経験の状態からフリーランスになるステップを詳しくご紹介します。実際に行動に移すための参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ステップ1.勤め先が副業可能か調べる

スキルなし・未経験の人は、まずは副業としてフリーランスの仕事を始めることをおすすめします。

副業として体験をすることで、自分がその仕事にあっているのか・業務体系・身につけるスキルなどが理解しやすくなります。

ただし、副業を始める前に、勤め先が副業を許可しているのか調べることが大切です。

2018年1月の厚生労働省の副業・兼業の促進に関するガイドラインによると、副業に関して以下のように述べられています。

厚生労働省が平成30年1月に改定したモデル就業規則においても、「労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。」とされている。

引用:厚生労働省

 

しかし、同ガイドラインには以下のようにも記載されています。

副業・兼業に関する裁判例では、労働者が労働時間以外の時間をどのように

利用するかは、基本的には労働者の自由であり、各企業においてそれを制限する

ことが許されるのは、例えば、

① 労務提供上の支障がある場合

② 業務上の秘密が漏洩する場合

③ 競業により自社の利益が害される場合

④ 自社の名誉や信用を損なう行為や信頼関係を破壊する行為がある場合

に該当する場合と解されている。

引用:厚生労働省

そのため、企業によっては、副業を禁止している企業もあります。規則を破って副業をすると、解雇されてしまうこともあります。

まずは、就業規則に書かれている副業の許可について詳しく調べてみましょう。

 

ステップ2.フリーランスとして働きたい職業・職種を決める

フリーランスと一口に言ってもたくさんの職種があります。自分にあった仕事や、自分の興味のある仕事を見つけることが大切です。

以下では、フリーランスとして働ける職業・職種を簡単にご紹介します。興味がある職業を見つける参考にしてくださいね。

フリーランスとして働ける職業・職種

  • ライター
  • 動画クリエイター
  • エンジニア
  • デザイナー
  • コンサルタント
  • 経営者
  • ネイリスト
  • 飲食店の経営

 

ステップ3.なりたい職業についている成功者やロールモデルを研究する

なりたい職業を見つけた後は、なりたい職業についている成功者やロールモデルを研究しましょう。

例えば、動画クリエイターになりたいと思った場合は、誰を目標とするのか、どのような収益モデルとするのかなどを研究しましょう。

第一線で働いているその道のプロからは学ぶことがたくさんあるはずです。ロールモデルとなる人を見つけて、その人に近づくためにはどうすればいいのか分析してみることをおすすめします。

 

ステップ4.なりたい職業に必要なスキルを身につける

成功者やロールモデルを研究すると、自ずと自分に足りないスキルがわかるのではないでしょうか。

また、なりたい職業になるためのノウハウ本や、ネットの記事などを利用して必要なスキルを把握しましょう。まずは自分に足りないスキルを自覚することが大切です。何が足りないのか・何を身につけているのか分析しましょう。

分析した後は、努力をすることで必要なスキルを身につけます。独学ではスキルを身につける自信がない人は、動画や講座、本などを利用することをおすすめします。

 

ステップ5.クラウドソーシングサイトで仕事を見つける

スキルをある程度身につけた後は、クラウドソーシングサイトで仕事を見つけましょう。

クラウドソーシングサイトとは、企業や個人が仕事を依頼したり、仕事をもらったりする場所を提供しているサイトです。

フリーランスは、「CrowdWorks」や「Lancers」などのクラウドソーシングサイトを通して仕事を見つけることが多いです。

「スキルをもっと磨いてから……」「まだ仕事をもらうのには早いかも」のように、ある程度スキルが身についた後にも自信が出ずに、仕事に申し込めない人もいるかもしれません。

しかし、仕事を通して磨けるスキルは間違いなくあるので、最低限のスキルを身につけたら挑戦してみることをおすすめします。

 

ステップ6.目標としている収入を達成・実績を作ったらフリーランスとして独立する

副業のフリーランスとして十分に成長できたら、フリーランスとして独立することをおすすめします。

独立するタイミングとしては、目標とする収入が達成できたときや、実績が十分に作れたとき、スキルが身についたときなど様々なタイミングがあります。

独立するタイミングは自分の人生を大きく変える瞬間です。本当に仕事を辞めるべきなのか深く考えてみましょう。

企業が副業を禁止している場合は、実際に仕事をして副業を行うのはおすすめできません。まずは独立できる程度のスキルを磨くことに重きをおくことをおすすめします。

 

スキルなし・未経験の人がフリーランスになるために準備しておきたい5つのこと

事情があって副業ができない人や、まずはスキルや事前準備を徹底的に行いたい人もいるのではないでしょうか。

以下では、スキルなし・未経験の人がフリーランスになるために準備しておきたい5つのことを紹介します。やるべきことはたくさんありますが、一つひとつ確実に行いましょう。

 

1.まずは実績を作る

スキルなし・未経験の人がフリーランスになるために準備しておきたい1つ目のことは、実績を作ることです。

副業としてフリーランスで仕事ができる人は、まずは簡単な仕事から取り組むことをおすすめします。簡単な仕事でもコツコツ仕事に取り組むことで、評価がついたり経験も身につけれたりします。

副業ができない人は、自分の身につけたスキルを使ってクライアントに例として見せられる実績を作りましょう。

例えば、ライターの場合、文章を誤字なく書ける力・構成する力があることを見せるために自分の記事を作成しましょう。お金にはなりませんが、スキルを身につける練習になりますよ。

 

2.人脈を作る

スキルなし・未経験の人がフリーランスになるために準備しておきたい2つ目のことは、人脈を作ることです。

フリーランスが仕事を得る方法は、クラウドソーシングサイトを利用するだけではありません。企業に営業をしたり、紹介をしてもらったり、ポートフォリオを公開したりなど様々です。

フリーランスにとって人脈を築くことは、仕事を依頼してもらうためにも大切です。人脈がない場合は、SNSを通して発信するなどして、自分のことを知ってもらえる機会を作りましょう。

 

3.アピールポイント・差別化できるポイントを検討する

スキルなし・未経験の人がフリーランスになるために準備しておきたい3つ目のことは、アピールポイント・差別化できるポイントを検討することです。

フリーランスのライバルはたくさんいる中で、クライアントに自分を選んでもらうためには差別化できるポイントが非常に大切です。

例えば、ライターの場合「転職」に関する記事の作成を募集していたとすると、転職をしたことがある人はクライアントからすると魅力的に感じるでしょう。

自分の経験や価値観が差別化できるポイントになるので、自己分析を今一度行うことをおすすめします。

 

4.ポートフォリオや経歴を公開する

スキルなし・未経験の人がフリーランスになるために準備しておきたい4つ目のことは、ポートフォリオや経歴を公開することです。

ポートフォリオとは、自分の実績やスキル、自分の作品などを集めて紹介する名刺のようなものです。

クライアントは、ポートフォリオを見て自分の仕事を任せていいのか判断します。また「〇〇企業にX年勤めていた」のような経歴は、信頼してもらえやすくなる要素のひとつです。

ポートフォリオは自分の個人情報を載せるものですが、何を記載して、何を記載しないのかは自分で決めます。自分が必要だと思う情報を開示できるようにしておきましょう。

ただし、クライアントがいる実績は、著作権がクライアントにあるケースがほとんどです。実績として公開してもいいのか確認するようにしてください。

 

5.スキルをつけるためにスクールに通うのも一案

スキルなし・未経験の人がフリーランスになるために準備しておきたい5つ目のことは、スキルをつけるためにスクールに通うことを検討することです。

「どうしても独学ではわからないことがある」「一人で勉強を続ける自信がない」という人におすすめなのは、スキルが身につくスクール。

現役のフリーランスから必要なスキルや考え方などを教えてもらえるので、初めての人でも安心して学べるでしょう。

また、同じような目標を持った人たちが集まっているので、フリーランス仲間ができることも嬉しいポイントです。

しかし、スクールは自分で調べたり考えたりする手間が少ない分、高額なことが多いです。独学でスキルを身につけようと努力した後に、必要であればスクールを利用するか考慮してみましょう。

 

スキルなし・未経験でも始めやすいフリーランスの職種

フリーランスの職種の中には、スキルを身につけるのに数年かかる仕事もあります。

長期的にスキルを身につけ独立することも可能ですが、なるべく早く独立したいと思う人も多いのではないでしょうか。

以下では、フリーランスの職種の中でも比較的始めやすい職種をご紹介します。

 

ライター

副業としても人気のライターはフリーランスとして始めやすい職種のひとつです。

ライターに必要なスキルは、文章をわかりやすく構築するスキルや、リサーチ力です。自分自身の経験も活かしやすいことも特徴です。

ライターに興味がある人は「フリーライターになるには?仕事を依頼してもらう5つの方法、年収や仕事内容、必要なスキルなどを紹介」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

デザイナー・イラストレーター

「デザインを検討することが好き」「絵を書くことが好き」といった人は、デザイナーやイラストレーターを検討するのもおすすめです。

自分自身の世界観を持っていることもポイントにはなりますが、重要なのはクライアントの目的に合わせたデザインやイラストを提案できることです。

どのような制作物を作ったのかだけでなく、パッケージのデザインを変更した後に売上が3倍になったなどの結果も語れると大きなアピールポイントになります。

自分の作品をポートフォリオとして公開したり、SNSで発信することで、クライアントの目に留まることもあるため、積極的に発信していきましょう。

 

せどり・ECショップ経営

せどり・ECショップ経営もスキルなしや未経験でも始めやすい職種のひとつです。

せどりというと、「転売」をする人というイメージを抱く人もいるのではないでしょうか。一部の悪質な「転売ヤー」と呼ばれる人々のため、悪い印象を持っている人も多いでしょうが、せどりは常識的なマナーを持って行うものです。

例えば、海外の手に入りにくい商品を欲しがっている人のために購入したり、無造作に捨てられたものから価値を見つけて売ったりする仕事をします。ただし、扱う商品によっては資格が必要になるものもあるので注意しましょう。

どの商品が需要があるのか、送料はどのくらいかかるのかなどを考えながら行う必要があります。法律やマナーを厳守した上でせどりやECショップの経営などを行ってみてはいかがでしょうか。

 

スキルなし・未経験からフリーランスになるためには、徹底的に準備をしよう

本記事のまとめ

  • フリーランスとは、自分のスキルを駆使して収入を得る人のことをいう
  • 経験や実績、スキルなどを身につけてから独立をすることがおすすめ
  • 人脈を築くことや、自分をアピールすることなどを意識する

本記事では、スキルなし・未経験でもフリーランスになるステップや準備しておきたいことなどを詳しくご紹介しました。

スキルなしでフリーランスになることは簡単なことではありません。また、フリーランスとして仕事をすることは不安も多く、日々の努力も必要となります。

しかし、身についたスキルは一生色褪せることはなく、努力によって収入を大きく伸ばすことも可能です。本記事を参考に、自分の夢や将来のために行動に移してみてはいかがでしょうか。

 



引用元ページへ移動して読む

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on pocket
Pocket
Share on whatsapp
WhatsApp